母から受けていた虐待

児童虐待とは、18歳未満の子どもの周囲にいる人間が、子どもに虐待を加えることです。
被虐待者が未成年でなければ「虐待」です。
高齢者や障害者の虐待も問題になっていますし、パートナーからの虐待は「DV」という名前が別に付くほどの問題です。

どういった行為が虐待と言えるのでしょうか?

スポンサーリンク

虐待の種類

厚生労働省のサイトから引用。

身体的虐

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト(育児放棄)

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう など

うちの場合

では、私の親の場合で、具体的にどういったことが虐待を疑うか列挙しますね。

ネグレクトと性的虐待は「ギリギリ怪しいことはありました」という範囲です。
子どもが寝てから、夫をカラオケボックスやラウンジなどの夜遊びに誘う。
小学生の子どもと夫を家に置いて浮気旅行に行き、幼児連れで浮気相手とラブホへ入る。
小学生の娘に、夫婦生活の相談をする。

父が「子どもだけで夜中に起きて火事にでもなったらどうするんだ」と窘めていたのでエスカレートすることはなかったですが、母の遊びの誘いを断ることで「私には自由がない!」と言い出して夜中に夫婦喧嘩していました。

身体的虐待

・折れた竹刀や布団叩きで打つ(平手で打つと母の手が内出血して痛いから道具を使う)
・数時間椅子に座れなくなるほど腫れるまで、子どもの尻を打つ
・裸で幼児を家から締め出す(裸なので敷地の外へ逃げられない)
・包丁を向けて「出ていけ」という
・首を絞める
・言うことを聞かないとカバンや財布をぶつけたり(母曰く、怪我しないものを選んで投げている)、箸や食器を顔の近くの壁を狙ってぶつける(母曰く、当たらないよう狙ってるから私が怒っている時は一歩たりとも動くな)
・いたずらをするのは手が悪いからだなとハサミで指を切ろうとする
・おねしょをするのはちんちんが悪いんだなと性器にハサミをあてる
・「死にたい」と言えば「死ねばいい」とロープを渡す
・子どもの頭を窓に打ち付けてガラスを割る

精神的虐待

・子どもの目の前で夫婦喧嘩をする
・小学生や幼稚園の子どもに「いつ離婚するかわからないから、友達と別れる準備をしておけ」「いるものといらないものを分けておけ」と月に一回以上のペースで怒鳴る
・夫に自分の要求を飲ませるために、小学生の子どもの目の前で服薬自殺を図る(救急と父へ連絡させるため)
・他の兄弟の目の前で、連帯責任として子を激しく怒る見せしめ行為
・宿題をしないなら学校に行く必要はないとランドセルごと学用品を窓から捨てる
・石油ストーブを窓から捨てる
・言うことを聞かないならご飯を食べるなと取り上げゴミ箱に捨てる、子どもの食事を食べられないようめちゃくちゃにする
・旅行先、買い物先で駄々をこねた子を置き去りにして帰る(本当に一度帰る)
・車内で騒いだ子どもを山中に置き去りにして帰る(本当に一度帰る)
・お前などいらない子だという脅迫
・死ね、いらないという言葉かけ

あとは大人になってからですが
・子は幾つになっても子に過ぎないのだから黙って親の言うことを聞けという抑圧
・出て行けるものなら出て行ってみろ、出て行けないのだから言うことを聞けという抑圧
・家族なのだから協力しろという借金要請、名義貸し要求
・私は短大中退で就職できたのに、それすらできないのかという否定
・子のバイトや就職にケチをつける
などなどですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中!
記事の内容が良かったらクリックしてくれると嬉しいですヽ(´ー`)ノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク