ACと私の話一覧

学生時分の私と今の私はこんなに違う

子どもの頃の私 小学校低学年の頃、私は担任に「お母さんが、いつ離婚するかわからないので、友達と離れる覚悟をしておきなさいって言ってた」と泣...

記事を読む

「もう大丈夫」そう確信したらカウンセリングは必要なくなりました

カウンセリング2回目 初めてのカウンセリングで「もっと聞いて欲しい」と感じたため、帰るときに次の予約を入れました。 そしてちょうど4週間...

記事を読む

私がACという概念に至るまでの変遷

最初の興味は虐待でした 元々私は子どもが好きです。 学生時分に憧れていたのは教職で、無理なら幼稚園教諭、年の離れた兄弟に即興でお話を作る...

記事を読む

カウンセリングは、自分と向き合うことを手助けしてくれる

もっと早く踏み出せばよかった カウンセリングを受けて、私はこのように思いました。 そして、今現在の苦しさではなく、過去に向き合うとい...

記事を読む

アドラー心理学で自己肯定力を鍛えよう

私がACから回復するにあたり、2ちゃんねるのコピペの他にアドラー心理学もとても役に立ったので、こちらも紹介しておきます。 アドラー心理...

記事を読む

私の回復の段階

さてさて、今回は「AC回復の段階」「毒親からの回復の20段階」を見たときの私の状況を残しておきますね。 AC回復の段階 これを見たと...

記事を読む

ACから回復するために、ゴールと現在地を知ろう

私がアダルトチルドレンや毒親について調べ始めた時に、2ちゃんねるの毒親スレッドで見かけた脱却の過程をしめしたコピペがとても良かったので、ブロ...

記事を読む

心療内科にいきたくなかったけれど、カウンセリングは受けたかった

二度目の一人暮らし 私は結局、度重なる喧嘩の末に「これ以上ここにいたら本当に病んでしまう」と脱出を決めました。 そして、かわいくて仕方が...

記事を読む

底辺から脱出して、良くも悪くも変化しました

大きく変わった環境 地元での仕事は、家庭のことを話して会社の処理しやすいところで辞めさせてくださいと頼みました。 給料は低かったものの、...

記事を読む

予想もしてなかった、底辺からの脱出のきっかけ

底辺から脱出したきっかけ 底辺からの脱出は、予想もしていませんでした。 たまたま気が向いて、遠くに行ってしまった家族の元へ遊びに行っ...

記事を読む

スポンサーリンク