ACと私の話

ACと私の話

AC当事者でダベる会in大阪をやってみたまとめ

突発的に主催してみました 私はオフ会をよく主催していましたが、結婚による転居と妊娠以降、ほぼ活動停止状態でした。 それで暇を持て余してACアカウント作ったりACブログ始めたりしたんですけどもw 年末に毒親フェスに参加して、やはり人...
ACと私の話

毒親フェス 大阪おかわりに参加してきました

毒親フェスに参加してきた 12/23(土) クリスマスイブイブに、大阪は天満で開催された毒親フェス 大阪おかわりに参加してきました。 2回目なので「おかわり」なんですが、センスあるな〜 大阪1回目はえみさん(...
ACと私の話

ACであるということに安心するのはちょっと待った!

自分はACだ、と辿り着くまで皆さん紆余曲折を経たでしょう。 ACに思い当たって、ホッとしたことでしょう。 でも、ちょっと待って! 思考停止してしまうと、いつまで経っても脱却はできません! ACは自認にすぎない ACは、当人の自...
ACと私の話

「新編 日本一醜い親への手紙」に採用されました

お知らせ 親から虐待を受けたひとが親宛のつもりで書いた「日本一醜い手紙」を、100人分集めた書籍が9月に販売されます。 『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題) 公式サイトはこちら 現時点で当初予定額に届いていないというこ...
ACと私の話

アカウントや友達は使い分けした方が幸せになれる

何もかも、全て話せるのが親友だ。 学生さんに特に、こう思い込んでる人も多いのではないでしょうか? もちろん、本当にお互いが相手の全てを受け止められるなら理想的です。 残念ながら、そういう相手がいる人は稀です。 特定の人物に拘...
ACと私の話

好きと嫌いが共存しているのはおかしいことじゃない

特定の誰かに対して、好きと嫌いが共存していてどっちが自分の気持ちなのかわからなくなったりしませんか? それ、別にどちらかに決めなくていいんです。 好きと嫌いが共存していていいんです。 好きか嫌いか一方に決めようとするのは、0か10...
ACと私の話

子を産むべきか産まないべきか…それは自分が決めて責任を負うこと

10代の頃 子どもが好きで、早く子どもを産みたいというのもあって結婚を急いでいました。 もちろん脱出の目的もありましたが…子どもは欲しかったので、子作りできないほど嫌悪感がある人とは結婚できないなーぐらいは考えてました。 目標は25歳...
ACと私の話

AC脱却で苦痛を感じるのは当たり前だから気にしなくていい

AC脱却には苦痛が伴います。 こんなに苦しむなら、ACだと気づかなければ良かった! という方々もたくさんいます。 でもその苦しみは、ACから回復するために必要なものなのです。 AC脱却で苦しむ理由 ACから回復するためには、自...
ACと私の話

ストレス発散と自己肯定が同時にできる「イヤイヤごっこ」で童心に返ろう

「ストレス発散をどうしたらいいかわからない」という方に、割と一般的な「声に出す」という方法をオススメしていました。 その中で、自分がしょっちゅうやっていて手軽すぎて見落としていたストレス解消法「イヤイヤごっこ」を思い出したので、一般的な「...
ACと私の話

凹むだけなんてもったいない。過去を振り返るなら、できたこと探しをしよう

過去を振り返るときも必要 時々「過去を振り返るな」という人がいますが、これは「過去にとらわれてしまってそこから進まないのはよろしくない」といった意味合いです。 ACのようにトラウマを抱えている人は、すでに前に進む力がなくなっていますので...
タイトルとURLをコピーしました