機能不全家庭

ACと私の話

私の恋愛観の変遷 その3。結婚とは何か?

男友達(現旦那)に浮つく 現旦那と知り合ったのは、元彼と知り合ったときとは別のオフ会でした。その日のうちに旦那の衣装を作ることが決まり、その結果、旦那は私と顔を合わせると「みよちゃん愛してる!」と叫ぶようになりました。ぶっちゃけ私の...
ACと私の話

私の恋愛観の変遷 その2。まともになっていく過程。

転機は都会への転居 私の考え方も生活も、全ては都会への転居がきっかけで大きく変わっていきます。 最低賃金が200円近く高い。車がなくても生活ができるため、固定費用が削減。うちが新聞沙汰になったことを知る人がいない。 物理...
ACと私の話

私の恋愛観の変遷 その1。黒歴史とも言えるお話。

いつから結婚したかったか? 私が結婚したかったのは、子どもの頃からずっとでした。 大人になったら好きな人ができて結婚するものだと、当たり前のように思っていた感じですね。 歪みだしたのは中学からです。 中学の頃の恋愛...
当事者会・自助会

「どくおや自助会サーチ」を公開しました

先にツイートしましたが「どくおや自助会サーチ」というものを作りました! 自助会について検索したときに、情報が古かったり小さな集まりは掲載されていなかったりで不便さを感じていたんですよ。 あとこのあいだ自分が開催したときに、宣伝で...
毒親・機能不全家庭

限られた条件内で、新しい携帯電話の番号を得られる手段

毒親・機能不全家庭からの脱出にあたり、親に知られず電話番号が欲しい、安く電話番号を手に入れたい、早急に電話番号が欲しいという人は多いかと思います。 電話番号がないと、一切の契約行為ができませんからね。 機会があって調べましたのでまと...
ACと私の話

AC当事者でダベる会in大阪をやってみたまとめ

突発的に主催してみました 私はオフ会をよく主催していましたが、結婚による転居と妊娠以降、ほぼ活動停止状態でした。 それで暇を持て余してACアカウント作ったりACブログ始めたりしたんですけどもw 年末に毒親フェスに参加して、やはり人...
ACと私の話

私の「醜い親への手紙」

このポストは『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)へ応募した内容です。 ブログへ公開したものも応募可能とのことでしたので、自分がいつ、どのような内容を書いたのか、控えとして掲載しておきます。 ブログのために書いたものではありませんの...
ACと私の話

『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)を応援いたします

1997年(平成9年)に同編者の出版した『日本一醜い親への手紙』の新版となります。 公式サイトはこちら 『日本一醜い親への手紙』は被虐待者から親へ当てた手紙という形態の原稿…「親への手紙」を全国から募り、そのうち厳選された9歳か...
毒親・機能不全家庭

機能不全家庭で賢く生きて脱出するには

機能不全家庭とは、本来なら一般的に家庭に備わっている機能が、健全に機能していない家庭のことです。 例えば虐待は、子育てや団欒がありません。 アルコール中毒者の家庭も、団欒に欠けますね。 そしてそういった問題を抱える家庭は、問題点が...
ひとりごと

「AC」という単語がここまで出てこない理由

ここまでカテゴリ「AC」の話が続きましたが、私の回想に一度もアダルトチルドレンという単語が出ていないことに、気付いた方はいらっしゃいましたかね (´ー`) 回想の最初に書いた通り、今の私からみてACだった頃の私の感情を中心に書いてい...
タイトルとURLをコピーしました